KCC for OB

慶応クルージングクラブOB会

Category: 未分類 (page 2 of 4)

HOMECOMING DAY 参加御礼 & 現役主将挨拶

孫現役主将のより、御礼の言葉を受け取っておりますので、共有致します。

まず始めに、今年度のホームカミングデーには新しく会長にご就任された牛場先生を始めとし、数多くの先生OB方にご参加頂きました。
ご多用の中、お集まり下さいまして、誠にありがとうございました。

そして、今年度は従来と異なり、式典後に小網代から出航しセーリングを行った後、油壺でアンカリングを行い、一同で食事を楽むことができました。
このように、慰霊祭という悲しいできごとについての行事ではあるものの、あえて先生OB方、現役で集まって賑やかに会食するのも堅苦しさがなく良いのではないかと考えます。

さて、本行事において肝心なところである安全意識について、この際に改めて考えてみたいと思います。

そもそも、ヨットに乗り外洋に出るという行為は、無限の可能性および希望を与えてくれるものであると同時に、陸地に於いては一切想像し得ない危険をも伴うものです。

非情なことに、我々は海を愛してるが故にセーリングを楽しんでいる訳ではありますが、海は時として残忍な顔を容赦無く我々に向けることもあります。海のこのような残忍さから逃れると同時に、海を楽しむために我々に求められるのが、各種情報を読み解く能力、そして、万が一何かが起きてもそれに対処する柔軟な対応力を養うことであると考えます。

つい現役部員は血の気が逸り実態を無視して無謀な行動に出たがりますが、常に高い安全意識を持って行動しなければならないのは言うまでもありません。

二度と悲惨な事故を起こさないということが、若くしてお亡くなりになった先輩方へのせめてもの供養だと感じます。

多少大袈裟に聞こえるかもしれないが、「全員生きて帰ってくる」というのが我々の当然にして最大の目標です。

以上

*事務局の都合で共有が遅れました。大変申し訳ございません。

~KCC 新イベント開催のお知らせ~ HOMECOMING DAY 2018/11/3

KCC OB会員の皆さま

11月3日は、KCCにとって特別な日。

本年から、この日を 「KCCホームカミングデー」とし、
諸磯・油壺・小網代を離れて久しい方々に海へ戻ってきてもらう日にしました。

あえて、にぎやかな雰囲気で、かつての出来事を思いつつ、ネオパトスを中心に船を並べて大いに飲みたいと思います。
「海のピクニック」というコンセプトで、ヨットクルージングと油壺湾内でのランチを実施します。
ご家族含めて気軽にご参加いただけるとありがたいです。

*参加費は無料ですが持ち寄りです。眠ってるもらいものの酒、自慢のつまみなど、お待ちしています!

日時:
2018年11月3日(土)
11:00 集合
11:05~慰霊祭
11:30~海のピクニック、適宜解散

場所:油壺公園

連絡先:95年卒 村松 範之
TEL:090-2214-8665
E-mail:noriyuki.muramatsu@toppan.co.jp

KCCフェスティバル2018 ご参加の御礼

KCCフェスティバル2018にご参加戴いた皆様へ

先日はご多忙の中、KCCフェスティバル2018にご参加戴き、誠にありがとうございました。

今年も大勢の方々にご参加戴き、無事にKCCカップレースとパーティーを行うことができました。

これも一重に、KCCの理念と活動にご賛同戴き、ご支援をしてくださる皆様のお陰でございます。

KCC現役及びOB会理事会一同より心から御礼申し上げます。

 

KCCカップは、当日朝に前線が通過しうねりの残るトリッキーな海況の中、14艇が参戦しました。風が弱く、残念ながら半数弱の艇がDNFとなりましたが、大変楽しいレースとなりました。

レース結果は以下の通りでした。

KCC-CUP 2018_RaceResult(FINAL)_0520

参考迄に学連艇の順位を「Pre Otonano ANIORU’S CUP」として作成致しました。

尚、パーティー会場にてレース結果を発表致しましたが、一部ボーナスルールの適用に不備があり、順位に変更が生じました。この場をお借りして不手際に就きお詫び申し上げます。

 

今後もKCCフェスティバルを盛り上げていく為に様々な工夫をして参ります。

これからも何卒よろしくお願い致します。

KCC OB会会長

堀川 譲二

 

*以下の写真は、東城OBに撮影頂きました。たくさんの素敵な写真、ありがとうございました!

ブルーリボン引き継ぎ完了のご報告(辰巳OB)

※OB辰巳様(’73卒)からのメッセージを共有致します。


かねてより、BlueRibbon売却に関してご協力、ご助力ありがとうございました。

お陰様でカジ誌掲載前に8件もの引き合いを頂き、
KCCの団結力、底力に改めて感心しました。また心より感謝致します。

優先順位をKCC関係者としていたので、その中で最も近い存在の井上詔三先輩と売買契約を結びました。
壺の係留権もそのまま継承して頂くことになり、壺にリボンは浮かび続けることとなりました。

本日(2/21時点)、無事に引き渡しの確認をすることが出来ました。
今後とも壺のリボンをよろしくお願い致します。

取り急ぎ御礼とご報告まで。

73年卒 辰巳 豊

ブルーリボン 引き継ぎ希望者の募集について

KCC73年卒の辰巳様より、以下のとおりご連絡を頂いておりますので、お伝え致します。
※(3/5更新:ブルーリボンの引き継ぎ完了のご報告をアップ致しました

——
KCCの辰巳です。

主要メンバーの旅立ちで一気に海離れが加速し
半数を割るメンバーでは維持不可能となり、残念ながらブルーリボンを手放す事となりました。

KCCにとって意味ある船を手放すにあたり、まずはKCC関係者に
お知らせ頂きたく連絡させて頂きました。

ABS日高社長もKCCの方ならばと、バースを譲ってくれるそうです。

期限はありませんが、KAZI誌2月5日号に掲載されるので、
2月4日までを先行優先販売とさせて頂き、それ以後は一般のブローカーに仲介を出そうと思っています。


<船の詳細情報>
Seam31CR 2000年進水
クルージング内装、ボルボ3気筒、3翼ホールディング。
トイレルーム、温水シャワー、陸電エアコン
オートヘルム、セールはメイン+レギュラージブ+スピン+ジェネカー。
各種計器。船検備品。
希望価格 390万円

詳細の写真は以下のアドレスからご覧ください。
https://www.dropbox.com/sh/exzri9xvosszxl6/AAAV1tPZ-s87-RAKjlZQoA6Ba?dl=0

連絡先:tatsumi157 at gmail.com
*atを@に替えてお送りください。

ご連絡をお待ちしております。

KCC73年卒 辰巳豊

Older posts Newer posts

© 2020 KCC for OB

Theme by Anders NorenUp ↑