KCC for OB

慶応クルージングクラブOB会

Category: Cruising・Race (page 1 of 2)

2016 KCCフェスティバルレポート

 

 2016KCCカップレース  2016.5.15

 

まだ朝露の残るハーバーに声が響く。おはようございます!と挨拶を交わしながら、一日の準備が始まる。

大量のビールを見た人が「今日は何があるんですか?」と尋ねる。
「今日はKCCのOB・OG・現役が集う親善レースとパーティーがあるんです。交友のある学連の方々も参加します!」そう応える声は少し誇らしい。

「何杯参加するのですか?」「16杯です」「OB会のレースにそんなに集まるのは、珍しいんじゃないですかねぇ」
こんなやり取りの間にも本部艇の出航準備は進む。

マークが膨らまされ、フラッグポールが積み込まれる。鏡の様な水面の油壺を出れば、

皐月晴れの相模湾に白いセールがちらほらと見える。

夜を徹して行われた初島レースのフィニッシュラインが撤収されるのと入れ替わりに、KCCフェスティバルのレースのスタートラインが設置された。

 

飯田君

大きなKCC旗を掲げる本部艇コルバッチに次々と参加艇が近づき出艇申告をする。
10:00のスタート、風はNE~NNE 6mくらい、アビームの風を受けて16杯がスタートラインに近づく。

号砲(実はエアーホーン)が鳴り、フラッグが降ろされる。

スタート〇

オールフェアー!艇団の下手からブルーリボンとタキヨンがジャストスタート、それをトリマランのエボリューションが追いかける。
最初のマーク(小網代沖ブイ)までは近い。良い風に乗って次々と参加艇が回航してスピンを揚げる。

2フェスティバル

スピンには少々きつめの角度でブローチングする艇もある。

スピン・ジェネーカー・メイン&ジブ等、様々なセール展開の集団が三崎港口の釜根ブイに向かう。

2レース

順風の速い展開で、最後尾と先頭艇がすれ違う。まだ30分と経ってない。
風は少し北に回って強くなり、NNE~N 7mくらい。力強いセーリングが続く。

re-su

先頭艇がフィニッシュラインを横切り、再びホーンが鳴らされる。続々と帰って来る参加艇からは、ラインを切るやカンビールを開ける音が響いている。

遠く江の島方面には沢山のセールが見えている。五月の海は今も昔も我々の海なのでした。 【84年卒 堀川譲二】

owari

 

KCCフェスティバル パーティー&KCCカップ表彰式

昨年に続きレースに嬉しい風が吹き各艇快走、 その余韻もさめやらぬままに

14時 AOra.にてパーティーが始まりました。

15艇 計71名の方たちがご参加くださいました。

乾杯

久しぶりに海に来たという方の嬉しそうな顔、いつしか学生時代の顔に見えてくる先輩・後輩、学連の仲間たち、

初めての方達との大切な出会い、いつも傍にいて支えてくれる爽やかな桜工・ネオパトスの学生達。

げすと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テラス

terasu2

nakatanisan

p4

八丈

ob2

pb2

p2

 

 

npok

 

様々な表情を見せいくつもの場面を展開させながら、楽しい時間はあっという間に過ぎて行きました。

KCCカップの成績発表・表彰は一艇一艇やんややんやの歓声の中、笑顔があふれます(詳細は下記の通りです)。

guest

gesuto

そして今回のレースにご協力くださったコミッティーボート浅野様、撮影艇から記録動画を撮影してくださった二松様からもご挨拶を戴きました。誠に有難うございました。

honnmasan

また、今年も4艇の出艇により、フェスティバルを盛り上げて下さった日大OBの皆さまにも、ここに改めて御礼を申し上げます。

パーティー

ますます賑やかな歓談の後、若き血の斉唱、ネオパトスと桜工へのエール、そして大集合写真撮影。

海風が涼しく夕刻を告げる頃、名残を惜しみつつお開きとなりました。

桜工現役

後片付けを手伝って下さったご参加の皆さま、いつも有難う桜工の学生さんたちとKCC現役、撤収のご協力に感謝申し上げます。

 

皆さまの帰路はどんなだったでしょうか?

海の上での時間、そこに集った人々とのひと時。

いらして下さった皆様に、心からの御礼を申し上げます。

至らぬことも多く、次回への課題も少なくない催しでしたが、改善への礎させて戴きたいと思います。

また来年!小網代沖で パーティー会場で お会い出来ることを楽しみにしております。

いっそう

学生外洋帆走部の存続、隆盛をKCC・OB会一同 心より願いつつ

 

レース結果

第1位 KCC69年卒中谷OB乗艇の「TACHYON」

第2位 新田肇オーナー率いる外洋レース艇「TREKKEE」

第3位 KCC72~78年卒共同所有艇の「BlueRibbon」。

第4位 KCCカップ2014優勝艇でKCC76年卒吉田艇長の「CENTURY FAST GP」

第5位 KCC72年卒岩田OB所有艇の「サーファス」

第6位 東京都市大OBが多数参加のレースチーム「HAYATE」

第7位 KCC81年卒須山OB艇長の、日本では珍しいトリマラン艇「EvolusionⅣ」

第8位 日大理工系ヨット部OB山下艇長の「LEATICIAⅢ」

第9位 KCC62年卒成田OBが艇長、ハッチャーグループと縁の深い「VaccantcheskiiⅣ」

第10位 KCC現役艇「NeoPathos」

第11位 3年連続出場の日大理工系ヨット部OB本間艇長の「FUGA」

第12位 今年は現役を実戦指導しながらの参加、日大理工系ヨット部OB林艇長の「八丈Ⅵ」

第13位 KCC80年卒共同所有艇の「Pacific Boys」

第14位 KCC81年卒二見OB所有艇の「そよかぜ」

第15位 KCC73年卒亀岡OB艇長の「AOLELEⅨ」

第16位 平均年齢73歳のKCC66~67年卒共同所有艇「Hacher」

np

【広報 本田京子】

 

 

 

KCCフェスティバル2016 盛況御礼(レース動画)

KCCフェスティバル2016盛況御礼

 

5月に入り、春の嵐が吹き荒れる日が続き、予定通りKCCカップが開催できるか気を揉んでおりましたが、

5月15日・晴天のレース日和、風にも恵まれ参加艇全16艇 ,初夏の海を完走しました。

パーティーも大勢の方々にご参加戴きました。和気あいあいと旧交を温め、また出会いもありの和やかなひととき、

成績発表も喝采の中にぎやかに盛り上がりました。

これもひとえに皆さまの御協力のおかげと 心よりの感謝を申し上げます。

 

KCCカップレースご協力御礼           レース委員長 飯田武之

KCCカップ当日は、本部船を貸して頂き、尚且つ、不慣れなレース委員長の代わりに手際よく、

レース運営をして頂いたコルバッチ2世の浅野オーナー、武村さん、誠にありがとうございます。

又、撮影艇を貸して頂き、レースのビデオ撮影と編集をして頂いた二松オーナー、本当にありがとうございました。

お陰様で天候にも恵まれ、事故も無く、素晴らしいレースとビデオが出来ました。

きっと、レースに参加して頂いたすべての方がエンジョイできたと思います。心から御礼申し上げます。

 

《 KCCカップ2016動画 撮影・編集 二松 工さま 》

 

※下記画像をタップすると この動画はyoutubeでご覧下さい というメッセージが出ます。その上を押すと動画が出てきます。

 

KCCカップ2016 成績表

艇名 艇種 ホームポート 艇長 レーティング ボーナス適用後
レーティング
着順 修正タイム 成績
TACHYON J-34C 京急マリーナ 中谷 輝彦 1.010 -5% 0.960 4 2786 1
TREKKEE MUIR40CUSTOM 京急マリーナ 野田 宗之佐 1.170 -1% 1.158 1 2867 2
BlueRibbon Seam31CR 油壺特泊 岩崎均 1.040 -4% 0.998 5 2919 3
CENTURY FAST GP N/M GP33 油壺YH 吉田 肇 1.170 -2% 1.147 2 2936 4
サーファス Beneteau Oceanis 350 京急マリーナ 岩田 裕士 0.958 -5% 0.910 8 3005 5
HAYATE Seam31 油壺YH 貝塚 義浩 1.042 -1% 1.032 6 3067 6
EvolusionⅣ Dragonfly 920 Trimaran シーボニアマリーナ 須山 守 1.129 -1% 1.118 3 3087 7
LEATICIAⅢ Dufour39 油壺YH 山下 孝一 1.031 -1% 1.021 7 3134 8
VaccantcheskiiⅣ YAMAHA31EXⅡ 諸磯 成田 義明 0.945 -6% 0.888 12 3223 9
NeoPathosⅣ Cyebell 325 諸磯 虫賀 秀之 1.000 -2% 0.980 9 3253 10
FUGA Beneteau First 300 Spirit 油壺YH 本間 成利 0.978 -1% 0.968 10 3279 11
八丈Ⅵ Feeling1090 小網代 林 正明 1.012 -2% 0.992 11 3468 12
Pacific Boys Dufour32 油壺YH 島 信一 0.947 -6% 0.890 14 3532 13
そよかぜ Beneteau First 285 油壺YH 二見 恭太 0.970 -4% 0.931 13 3581 14
AOLELEⅨ Westerly Seahawk 35 油壺特泊 亀岡 信行 0.944 -8% 0.868 15 3782 15
Hacher Island Paket 32 小網代 馬渡 健治 0.894 -6% 0.840 16 3848 16

 

フェスティバルの詳細レポートは後日UP致します。

乞うご期待! Continue reading

KCCカップ2016 動画   撮影 二松さまより

下記画像をタップすると この動画はyoutubeでご覧下さい というメッセージが出ます。その上を押すと動画が出てきます。

https://youtu.be/TBuhvMVIgVE

油壺の夜は更けて (80年・81年組合同セーリングに参加して)

 

油壺の夜は更けて(80年・81年組合同セーリングに参加して)

1978年卒 森田栄一

 

6月28日、KCC80年組2名(岩崎・兼藤)と81年組6名(小玉・山分・毛利・二見・須山・村田)が、卒業以来初の合同セーリングを行いました。ゲストとして招かれました森田(78年組)から報告します。

 

今回の合同セーリングは、九州在住の毛利が東京の息子の様子見に上京したのを機会に81年組が集合。そこに80年組と私が押しかけました。

 

集合は前日27日14時三崎マリンです。80年組が共同で所有するPacific Boys2と、81年組二見が共同オーナーであるそよかぜを下架。当初予定していたセーリングはあっさり中止し、2艇を横抱きしてポンツーンに舫い、すぐに宴会開始。

 

写真は最前列がメインゲストの毛利、反時計回りで、二見・山分・兼藤・村田・須山・小玉・森田。

150627_190222

 

 

 

水産会社勤務の岩崎が築地からカツオ1.5匹持参。倉庫から横流しとの噂もあるが、本人曰く「ちゃんとお金は払っています」。そのカツオを川崎大師門前の蕎麦の名店「松月庵」を経営する須山が調理するという豪華な宴。夜間の騒音の取締りを警戒して油壺ヨットクラブの二松会長に0.5匹を差し入れる抜け目の無い岩崎でした。

 

調理する須山板長。カツオは実に旨かった。

mori7

 

写真は81年組を指導する80年卒の岩崎主将(デッキ上)。自分では動きません。

mori4

 

さて、今回のメインゲストは毛利、気分良く帰って頂く筈でしたが、美しい夕陽に感激し、夕陽に染まる油壺湾を撮影しようとして、あえなくi-phoneを落水。見ている方が気の毒な位、意気消沈していました。

 

まず夕陽に染まる美しい油壺湾をご覧下さい。

mori10

 

i-phone落水後の毛利(中央)、カメラを向けると余裕の表情を見せますが・・・。

虚ろな目が衝撃の大きさを物語っています。

mori6

 

とりあえず暗くなったので、i-phoneの救出は明朝の作業として「飲み」に専念。カツオの次は松月庵のカツ煮(卵も持参)と鴨うどん。もっとも何人かは翌日になると食べたのを覚えていませんでした。赤ワイン白ワイン合計6本、焼酎1本は明朝に空であること判明。ビールは1ケース。ゴミ捨て場に持っていく際、他艇のクルーが驚愕していました。我々も驚愕。平均年齢59歳のジジイ達が良く飲みました。大量の松月庵差し入れに感謝。翌05時からの女子サッカーを観戦したのは兼藤と山分だけでした。

 

翌日は7時過ぎ二見の奥様’あかね’さんがおにぎりを持参して参戦、テント下で朝食会。彼女は皆に追いつくため缶ビール2本一気飲みしていました。天晴!!!KCCの名誉OB会員にしたい所です。

 

一方、毛利は既に戦闘意欲ゼロ、皆が励まして薦めるが潜らず。Pacific Boys2のタモで海底をすくってみたが救出できず残念でした。毛利i-phoneは壺の泥となりました。

 

外は南4メートル程度で絶好のセーリング日和。とても快調。とはいえ、昨夜の疲労もありPacific Boys2は早々に湾内で昼寝とすることにしたら、ソヨカゼも後から入ってきて横抱き。往年のヨットマンも潮っけの欠片も無いことが判明しました。昼は松月庵差し入れのモツ煮込。殆どのメンバーがアルコールを拒否する中、岩崎と村田は懲りずにグビグビ飲っていました

 

流石に疲れて、14時過ぎに早々に上架しました。楽しかったがクタビレタ。

 

快走するPacific Boys2。

mori1

 

 

そよかぜの舵を握る二見共同オーナーと81年組。

mori8

 

 

最後方がKCC名誉OB会員(森田呼称)の二見夫人’あかね’さん。

朝ご飯、ご馳走様でした。

mori9

GW クルージング 数景

今年のGWはお天気に恵まれましたね

みんさん 船を出されたのではないでしょうか?

そして初夏のセイリングを楽しまれた事と思います

壷で その他のハーバーで出会ったOB艇もあるのではないでしょうか?

GWの楽しい写真をUPします みなさまもどうぞ画像をお寄せ下さい UPさせて戴きます

 

ハッチャー&鬼っ子丸

 

gwgw2gw3

 

 

Pasific Boys

 

 

gwpbgwpb2gwpb5gwpb6gwpb3gwpb4

Older posts

© 2019 KCC for OB

Theme by Anders NorenUp ↑