KCC for OB

慶応クルージングクラブOB会

Category: OB同期紹介

OB同期紹介 《1992年卒》

1992年卒 同期紹介     松下孝広

2松下 左から 松下 磯野

 

《 卒業時 》

磯野 幸則     経済学部  主将、艇体管理                                                                                                                                  総合商社に就職。ハンブルグに赴任し、国産スポーツ腕時計をドイツでヒットさせました。

松下 孝広     経済学部  副将、学連担当
都市銀行に就職。最初の勤務は沼津支店。富士の裾野をスー パーカブで走り回ってました。

1松下

1991年諸磯にて 左から白子 赤木 大山 晴山 村松 松下 磯野

松下3
1990年夏 学連熱海ランデブーから諸磯入港後 学連同期と
左から 吉川(成蹊大) 磯野 根上(KCC) 松下 竹原(武蔵工大)

《 近況 》

磯野
岡山県にある実家のスーパーの社長に就任。仕入れのため、深夜から青果市場に立つ日々を送っています。長男が今年、東大ヨット部に入りました
ヨットオーナーとして瀬戸内海を往来しています。近くにお寄りの際は是非声をおかけください!

松下
系列の証券会社で営業してます。妻、娘1人。主にGWや夏休みのとき、岩田大先輩のサーファスでお世話になっています。近頃はシートよりゴルフクラブを握っている時間が長くなり、潮っ気がすっかり薄くなりました。

松下4
2
015KCCカップ後 諸磯岩田邸にて  磯野          松下

歩んでいる道も住んでいる場所も離れていますが、互いを思う心と気持ちは現役の頃から変わっていません。仕事を引退したら一緒にロングクルーズに行ってまいります。

新企画Ⅱ OB同期紹介 第一弾《06年卒》!

06年卒 同期紹介           

                          2006年卒 金子直城

 

KCC 06年卒は当時の世代には珍しく、女子部員がいるところからスタートした。が、はじめ6人であったメンバーは諸般の都合により徐々に減り、結果残ったのは3名である。

2年の時にはホープ吉村を失い1つ下の代を穴あきにしてしまう。

が、その後OB、他大、先輩のサポートを受けながらなんとか方向を修正。

自分たち自身も途中で穴あけ期間があったりなかったりしながらなんとか支え合い卒業までこぎ着ける。4年を迎える時には、藤本を始め各世代にキーパーソンを擁しながら次の世代にタスキを渡す事ができた。

 

<氏名/学部/KCCでの役割>

金子直城/総合政策学部/主将・学連

須田侑子/環境情報学部/副将・艇体管理

飯田晶子/環境情報学部/会計・OB

 

現役時代。後列右から飯田、須田。最前列に金子。

06①

 

 

【金子直城】

KCC引退後は、元々やってみたかったボクシングジムに入り、卒業まで汗を流す。卒業後、愛知県の自動車メーカーに勤務。入社以来、生産管理部門で業務を行ってきたが、現場での業務がありながらも基本はデスクワーク。当時と比較すると、ボクシングで身体を絞った反動もあり、卒業時点より+15kg。メタボ化も待ったなしの状況である。最近はランニングを初めてダイエットに奮起しているが、逆にご飯がおいしくなり更に体重が増える悪循環の中で戦っている。

たまにヨットで海に出る夢を見ては現実に戻り、ゴルフバックを背負って家を出る、そんな日々。いつかまた海に出たいという気持ちをうっすら感じながら、地に足のついた日常の繰り返しが続いていく。

北海道での一コマ。光と陰、陰と陽、体重の増と減は表裏一体である。

金子氏

 

【須田侑子】

卒業後、政府系金融機関に就職し、金融システム調査・研究やリレーションシップマネジャー、経営企画調査、トレーディングを7年間に亘って経験した。その後、渡米し、コーチおよび営業として、コーチングファームに勤務。本年4月に帰国し、6月からは、外資系金融会社にて、海外投資ファンドのサービシングに携わっている。

現在の勤務地が、海の神様で知られる金刀比羅宮分社の敷地内にあるビル、と、海の御縁を感じている。ヨットは、KCCフェスタなど年一回乗れるか乗れないか…という年が続いているが、そのうち、海の傍に家を持つか、自分の船を持ちたいと思っている。

06③

 

【飯田晶子】

卒業後、大学院に進学。都市計画・まちづくりを学ぶ。現在は、慶應大学から国立大学に異動し、助教として研究を続ける。卒業後、ヨットに乗ることはめったになくなったが、沖縄県の八重山諸島やパラオ共和国での研究活動を通じて、海は今でも身近な存在である。研究の対象地として、海に囲まれた離島を選んだのは、大学時代ネオパトスで各地を巡った4年間の経験が影響していると感じる。

06④

 

パラオ共和国での調査の一コマ。左から二番目が飯田

 

 

© 2020 KCC for OB

Theme by Anders NorenUp ↑